0
TOP 展示TOP アクセス 今までの展示 ジェインの日記 画廊使用規約 リンク
0

過去のジェイ
2003年 【11月17日〜11月30】 【12月1日〜12月31日】
2004年 【1月1日 〜  1月    】




月曜日 (11/17)
【いつも心おだやかなひと】ヤスミンが事務所に来て仕事の打ち合わせをしました。あとで、缶バッチの作り方の指導を受けようと・・・・・・。来年1月に『わたしのテディベア展』をするのですが、そのとき、みんなの缶バッチを作ろうという話になりました。そこで先週、缶バッチの機械をわたしが2台買ってきました。みんなの分もわたしが作ったら、それはつらいよネ!・・・・・・。時間がある人は手伝ってほしいな・・・。

打ち合わせ中、携帯に電話をかけてきたのがうさぎTV(田中ひろみ)。
「今、プランタンにいるからこれから行くよ・・・」と、電話を切った10分後に到着。次から次に私へのアドバイスとおしゃべり。さすがに仕事、のっている人は違うなーと感心。

・・・・ヤスミンの[缶バッチ作り方]講習、忘れてしまいました。・・・・・・・

夜、ヤスミンと電話で打ち合わせのつづきをしました。彼女はアイデアの宝庫。



火曜日 (11/18)
【・・・しあわせは、たのしくしごとをすること・・・】あっという間に年末が近づいてきました。白井姉妹の個展のあと、クリスマス展です。『ぽかぽかクリスマス展』のDMは、事務所にかざってある河本徹朗さんの作品です。白井姉妹がイラスト見て「かわいい・・・・!」といって大笑いしていました。この作品はジェインが会社で仕事をしながら鑑賞しようと、河本さんからお借りしている絵です。とってもユーモラス!!。




水曜日 (11/19)
【はずれて嬉しい天気もあった】今日の天気予報は雨になるはずでした。「はずれましたね!」よかった。写真展は10時のオープンから11時半まで、だれもこないので「シーンと別世界」雨の日はこんなことよくあるけど・・・・。お昼からはお客様がぼちぼちいらっしゃいました。

【売れっ子イラストレーターが育つ会社にもし入れたら・・・】きょう、もうひとつのクリスマス展『SIMPLE』の藤枝さんのイラストみせてもらいに藤枝リュウジデザイン室におじゃまします。DMに作品使わせてもらうことにお願いしています。・・・・と、・・・・と、なんと、さっき、藤枝さんから「ジェインのところはセンスがないから、こっちでデザインしてあげる」と、とってもうれしい電話。「いつもすみません・・心より感謝しています。」




木曜日 (11/20)
【ちょっと前のことなのに、なつかしい】今日は雨になりました。8時半頃からふりはじめたのかな!。美人展の二日目も雨になってお客様がしばらく途切れたとき、阪本さん(イラストレーター)と、シットリ話しをしたのが懐かしく思い出されました。雨の日は、ゆったりした時間を感じられるのでジェインは好きです。

【仲間に支えられる日々・・・・】今回の写真展はDMを作らずにインターネットの告知です。いつも来てくれる近所の会社の皆さんもまだです。ぜひ御出でください。きょうのわたしは、本業の方がいそがしく出たり入ったりばたばたしてました。一人でギャラリーのこともしなければいけないので、大変なんです。仲間や会社の人が手伝ってくれるけどネ。

【・・・そんな出会いが・・・、その人の一生を変える時もある。】12月8日からのクリスマス展、霜田あゆ美さんが参加します。この方は、原宿のHBギャラリーで個展をしたとき、藤枝さんが作品を気に入ってジェインに紹介してくれた人なんですよ。文章も絵もかわいいんです!。ご期待ください。




金曜日 (11/21)
【青山は空気が軽い】朝、仕事で恵比寿に行きました。お昼は、オーパギャラリーのオーナー藤波さんと色々お話しました。とってもやさしい方でギャラリーの先輩です。いま『マッチ展』をしていて、うさぎTVちゃんや岡部哲郎さんが作品を出展しています。「青山っていいよね!・・・。空気が違います。京橋は現代アートのギャラリーが集まってきているから、ちょっと重い雰囲気だけど。ジェインだけ浮きっ放し・・。肩身がせまい。

午後から美人展の堀田さんが、夕方マツモトミゥさんが来ました。夜にミゥさんが個展をしているカフェで美人展のみんなが集まるとの事。ここは食事がおいしいそうです。わたしも行きたかった。




土曜日 (11/22)
【・・・アザラシが人気・・・】当ホームページのシロクマとアザラシ、久本直子さんの作品です。このアザラシはタテゴトアザラシなのかしら?。吉村さんの写真展でもタテゴトアザラシのポストカードがあります。とっても人気があるんですよね。生まれて一週間くらいだけ白いんだっけ?・・・・・。「あとで吉村さんに聞いてみます。」




日曜日 (11/23)
【やさしい人は魚好き?】今日はバートックギャラリーはお休みです。きのうギャラリーに来てくれた方達何人かは、今日、東京見物とショッピングをして新幹線で帰ると話していました。ほんとに、みんな楽しそう。明日も休みで3連休なんですよね。バートックはあしたの祝日はオープンしています。
プリンスエドワード島は漁師の島なんだよね?。この島で獲れるロブスターがとってもおいしいんだって。「あした、吉村さんに聞いてみよっ!・・・」
魚で思い出したけど、魚のフィギア作っているイラストレーターの友永たろさんがおとといギャラリーの個展見に来てくれて、吉村さんの写真集2〜3冊買っていました。プリンスエドワード島がとても好きなんだって。とってもいい人だよ!。「本物のさかなも飼っているんだって」ジェインも、以前、金魚(ランチュウ)飼ってたんだけどかわいかったな。水槽の中に手を入れるとよってきて、手の中でごろんと横になるんだよ。ほんと!。




月曜日 (11/24)
【還暦って何歳・・・】藤枝さんが12月5日〜10日まで原宿のHBギャラリーで展覧展をします。『ごつじみつる【もあもあ】×藤枝リュウジ【Re】2人展』わたしも、とっても楽しみにしています。還暦になったんだって・・、これから・・・?。おめでとうございます。

【・・・・こんないい人、どうして病気に】田中康夫氏入院とニュースにでていましたね。「わたしもびっくりしました」やっちゃんはジェインの友人です。知事になってからは会っていなかったけど、テレビでいつも見ていたので近くにいるような錯覚をしていました。みんなちょっとかわった人に思っているかもしれないけどすごい常識人です。知事になる前は、雑誌などのレギュラーが17〜8本の他に、テレビ、ラジオにも頻繁にでていました。体を酷使してました。わたしもメチャクチャなスケジュールで体調くずして入院してしまったときです」。そういうこともあって「睡眠と食事休養には気をつけてネ!」と話していました。でも、いつも、仕事の合間に女子大生やスチュワーデスと食事や遊びに行ってたみたい。道を歩いていたら「おーい!・・・・・!」とラフォーレの人ごみの中から大声で呼ばれたこともあります。そんなときも、必ず一人や二人女の子が一緒にいました。これもお仕事?!。デートは仕事のネタ集めじゃないかな・・・なんてね!。ジェインも仕事の原稿困ったときはいつもやすおちゃんに電話して、最新情報やレストラン沢山教えてもらって原稿書きしてました。はやく快復してほしいです。




火曜日  (11/25)
【はじめての祝日オープン、テンテコマイ】祝日でもオープンしたのが、きのうがはじめてです。午前中、お客様は思っていたより少なかったのですが、名古屋のアーティストの方が遊びにきてくれました。今回が2回目です。いつも真剣勝負で作品に立ち向かっている姿は感動的です。ジェインも心が揺り動かされます。ある人に本物の作品なら10点あれば展覧会はもつと言われました。もちろんBGMは反則ワザ。わかってはいるのですが・・・・・・・。ギャラリーにはスピーカーを設置しています。

【カリスマ女性現る・・・】暇なうちにお昼ごはんをすませ帰ってくると、お客様が少しずつふえ、20分、30分経っても、だれも帰らないのです。小さいギャラリーなのでどうなることだろうと心配半分、好奇心半分でいたとき、女性の方が現れ、ファンの人達との撮影会がはじまりました。赤毛のアンのカリスマ・・みたいです。どなただったのでしょうか。奥が深い世界みたいですね!。




水曜日   (11/26)
【閑散とした空間の中の・・・、このアッタカサはなんだろう。】昨日は冷たい雨が降っていました。ギャラリーはじまって以来の人数です。雨も強いし、寒い日でした。うどん屋さんに行くと、近くのギャラリーの方たち何人かに声をかけられました。「寒い日はみんなあったかいうどん食べに来るんですね」こんな日の吉村さんも手持ちぶたさからか、うとうとしていました。一瞬の美しい夕焼けとの出会い、雨にぬれた真っ赤な地面の散歩道。うつくしい時間を独りじめできる写真家って、うらやましい職業だよね。・・・夢の中でも撮影しているのかな・・・。「ジェインさんは食べ物の仕事でいいよね・・・っ」ていわれるけど、料理するほうだから・・・。アーティストの人ってしあわせだね!。




木曜日 (11/27)
【仕事をどんどんもらえる人の条件とは・・・】お昼ごろ、わたしの友人(女性誌の編集長)がお昼ご飯の差し入れをもってやって来ました。「どう、本売れてる?」「エッツ・・・、わすれてた(ジェイン)」「本屋さんにまだ行ってなかった(ジェイン)」。「自分のこともちゃんとしなくちゃダメよ!」「・・・・・・・、ここで手売りはしてるんだけど(ジェイン)・・・・」「この前の講演で15冊くらい(ジェイン)・・」「その前のイベントでは10〜12冊かな(ジェイン)・・・」「著者もがんばっている姿勢みせたら、編集者も嬉しいものよ!」「そうだよね!・・・(ジェイン)」「そうそう、一心同体よ・・・」「仕事の発注だって、同じようなタッチの絵だったら、気心の合う人に頼むもの・・・」「そうだねーっ・・・(ジェイン)」「頼みたくなるタイプっているもの」「好き嫌いできめるの・・(ジェイン)」「いつも態度がかわらなくて、丁寧な仕事をする人、無理な注文にも気軽に応じてくれる人よ・・・!」「難しい条件ね・・・(ジェイン)」「誰かいたら紹介して・・」「・・・うぅぅ・・・(ジェイン)」「この前の美人展にもでてくれたんだけど、柿崎さんって知ってる・・(ジェイン)」「わたしはまだ仕事たのんだことないけど、名前知ってるよ・・」「ちょうど、朝彼女から電話があって、12月10日からグループ展をやるって言ってた・・(ジェイン)」「それと、来年本を2冊だすのがきまったんだって(ジェイン)」「講談社と○○って言ってた(ジェイン)」「柿ちゃんはどこの編集部でも評判いいみたいよ・・・・(ジェイン)」以下つづく。

【ジェインは、やはり食べ物に興味が・・・】「プリンスエドワード島のロブスター、アメリカ産なんかより大きくてとってもおいしいんだって」おととしの6月、島に行った方(ギャラリーに来てくれ女性)が教えてくれました。




金曜日 (11/28)
【わたし達のお母さん】朝のニュースで女優の小林千登勢さんが病気でお亡くなりになったと報道していました。番組のときも、いつもにこにこしていて,いろいろ教えて下さいました。わたしのおかあさんみたいでした。「・・・・・・・○○○と、ジェインも色々アドバイスもらったり・・・・」ほんとうに悲しいです。ご冥福お祈りいたします。

【珍客、二人も現れる・・・】きのうはお昼過ぎまで一人しかお客さんがきませんでした。その一人も芳名帳に名前を書かずにそそくさ帰ってしまいました。「会社員はいそがしそうです・・・」二時過ぎからはたえず5〜6人、お客様がいました。大阪からのお客様もきてくれました。とそこまではよかったのですが、3時頃一人の女性がギャラリーに入ってきて、一直線に吉村さんの所に行って、時計付計算機の宣伝?・・・いいえ、押し売りさんです。「あわてて、吉村さんがあっち・・・といって指差したさきがジェインです」「何時も2000円で売っている商品ですが、今日は特別1000円にします、品物が良いから買い得ですよ」「時計も、計算機も持っていますよ(ジェイン)」わたしが丁寧に「ごめんねー!」と断ったら、押し売りさん、かんぱついれずに牛のぬいぐるみを袋から引っ張り出しました。押し売りさん、次に、牛の前足をにぎったら、「モゥゥゥゥゥーーーーォオ」とぬいぐるみが鳴きだしました。これがなかなか鳴きやみません」遊びに来てくれた作家(文筆家)の青豆さんが「それのほうがもっといらないわよね・・・・xxxxxハハハ!」押し売りさんが牛のうめき声をとめようとしてもなかなかとまりません。写真展見にきてくれた人たちもびっくりですよね・・・!。吉村さん気分悪くしてました。もう一人、男性のおじさんがギャラリーに来るや否や、芳名帳にかじりつき、チェックをずーーっと始めました。これはただものではないと思っていると、「わたしはトウハンというところのものです」「本の取次ぎの・・・・ですよね!(ジェイン)」「いつもお世話になっています(ジェイン)」「取次店しだいで本の売れ行きが左右されるんですよね・・・(ジェイン)」。「おまけにトウハンさまは、その業界の神様」「トウハンさまの新聞にちょっとでも推薦してもらえると、本が一気に5〜6万部は売れます(ジェイン)」「わたしが一声かけたら、どこでも平積みができます・・・・(トウハンさま)」「でも、いまは担当はずれちゃったけど・・」「・・・・・・・・・以下、同文○○、○笠○○も宣伝一切しないから売れるはずはない、とくに小さい本は・・・(トウハンさま)」「それってわたしの本のこと(ジェイン)・・・・ッ」「同文○○、○笠○○、両方からわたしは本をだしています(ジェイン)」「確かに売れ行きはいまひとつかなー(ジェイン)」「ひとのせいにしちゃダメよね(ジェイン)」いろいろ語って、そのかたはお帰りになりました。「売れる本作ってがんばってください!!!、」と励ましのことばをのこして・・・・」わたしと吉村さんへのメッセージかしら。
【平積み】 
本を台の上に積み重ね目立つようにおくこと。棚の中に入ってしまうと、目にふれにくくなります。たくさん売るには平積みが絶対の基本です。





土曜日 (11/29)
【ファンを大切にする心・・・・。アーティストに直にふれあえる幸福・・・。】2週間と、ちょっと長い展示と思っていたのですが、あっという間でした。今日が最終日、5時までです。天気が悪いのが残念ですが、ぜひ来てください。皆さん、作家の方と語らいながらゆったりした時間をすごされています。写真家の吉村さんはファンの方をとても大切にしています。カナダのこと、プリンスエドワード島の暮らし、カメラ機材について。会場を回りながら丁寧に写真の解説などもしていました。ジェインは彼の写真ももちろん好きですが、文章がもっと好きです。ナチュラルで、どこかほっとさせてくれます。カメラマンを目指し、カナダに渡った二十歳の頃、お友達にたくさん手紙を書いていたそうです。その話を聞いて、ジェインは皆さんにもぜひ読んでほしいなーと思いました。ぜひ、出版してほしいです。・・・・・でも、手紙は出すもの。いま、吉村さんの手にはありません。コピーしておいてほしかったな。

【お天気頼み?・・・、違いました。作品のすばらしさと根強いファンに支えられて・・・!】2時頃から混みだしました。最終日なのでうれしいです。霧雨の中、たくさんの方達に来ていただきました。7.5坪ほどの小さいスペースですので10人ぐらいでいっぱいになります。でも、これも活気があっていいですね。子供も2〜3人いました。小さい子を連れてギャラリーに来るのは大変です。霧雨の中、本当にありがとうございました。




日曜日 (11/30)
【これは奇跡・・・。ビルの谷間の小さなギャラリーに全国からお客様が・・・】写真展、大成功でした。見に来ていただいた方の感想、お聞きしたいです。新幹線を利用しておいでくださった皆さんには、東京駅からのアクセスもよく、銀座、丸ビル、デパート、六本木など、ショッピングと観光と個展を組み合わせたスケジュールを立てて効率よくまわられた方達もいたみたいです。午前中に一度ギャラリーに来て写真をじっくり見て、午後からもう一度吉村さんに会いに来る方もたくさんいました。雨の中、午後からはギャラリーに入れないほどのお客様が・・・。何人かは、廊下で楽しそうに中の様子をご覧になっていました。皆さん、大満足でお帰られたこと思います。来年のキャノンサロンでの再会を約束して・・・・。近くにお出での時は、ぜひギャラリーにお立ち寄りください。わたしのことに気がついてびっくりされる方も何人もいました。声をきいて「あ・・・」と叫ぶ人も。本当にうれしいです。ジェインも皆様と再会できるのを楽しみにしています。

【期待の向こうには・・・・】これから、白井姉妹の展示です。お姉さんの郁美さんは作品の飾りつけ準備、なんとか間に合ってホッとしたみたい。妹の麻衣さんは余裕がありました。ジェインが特にみなさんにご紹介したいのが麻衣さんの手作り一点ものバックです。シックな布にエキゾチックなデザイン。ぜったいおすすめ。おとなしいけど、本当に目立つバックです。わたしも欲しい・・・・!。作品、あとでホームページでもご紹介しようと思います。



過去のジェイン Top